教材を手に入れよう!   事例を参考にしよう!
モビリティ・マネジメント教育とは
1.モビリティー・マネジメント教育とは

 モビリティ・マネジメント教育とは、われわれ一人ひとりの移動手段や社会全体の交通流動を「人や社会、環境にやさしい」という観点から見直し、改善していくために自発的な行動を取れるような人間を育成することを目指した教育活動を意味します。
「モビリティ・マネジメント教育」は、まだスタートラインに立ったばかりです。これからみなさんの知恵を絞って、新しい教育実践を作っていかなければなりません。ただ、みなさんが今まで実践してきた授業を振り返ってみると、このモビリティ・マネジメント教育につながるものが少なからず存在するはずです。クルマやバス・鉄道、道路や港、こういった素材を教材化し、授業を展開してこられた先生も少なくないでしょう。われわれは、そういったモビリティ・マネジメント教育につながる芽を大切にしたいと考えています。

モビリティ・マネジメントとは

2.モビリティ・マネジメント教育の授業づくり

 モビリティ・マネジメント教育を学校において実践する場合には,現在のところ,次のよう授業を構想することができます。
 崔楼茲慮共交通」について考える授業
◆屮ルマ社会」について考える授業
「交通まちづくり」について考える授業
ぁ屮皀里領れ」について考える授業

3.モビリティ・マネジメント教育を実施するにあたって

まず、学習指導要領と教科書を開き,どの教科・領域のどの学年及び単元で,モビリティ・マネジメント教育が実践可能なのを考えることが先決です。また,具体的に単元を構想する際には,今日ではすでに多くの教材が用意されていますので,それを有効に活用しながら,授業を実施することをお勧めします。

モビリティ・マネジメントとは
環境保護の大切さと学びの楽しさを伝えること。

モビリティ・マネジメントとは,「モビリティをマネジメントすること」を意味します。
この「モビリティ」という言葉は,「移動や交通」ということを意味します。たとえば,「私のモビリティ」といえば,「普段の生活の中で,私はどうやって移動しているのか」という「私の日々の移動の様子」を意味しますし,「この街のモビリティ」といえば,「この街では,どんな交通が毎日おこなわれているのか」という「この街の日々の交通の様子」を意味します。
ここでいう「マネジメント」とは,「いろいろな工夫を重ねながら,少しずつ状況を改善していく」ことを意味します。
つまり,「モビリティ・マネジメント」とは,「一人ひとりの移動の様子や,街や地域の交通の様子を,いろいろと工夫を重ねながら改善していく取り組み」のことです。

2.一人ひとりの「気づき」を促すモビリティ・マネジメント

私たちの移動は,私たちの社会全体にも色々な影響を与えています。
たとえば,「クルマ」を使うとたくさんのCO2が出ます。でも,多くの人々はこのことを知らずにクルマを使い続け,地球温暖化を促進してしまっています。
あるいは,たくさんの地域でバスや鉄道が「廃線」になっていますが,たとえば,地域の人々がたった月に一回だけでも利用すれば廃線にならずに済んだ,というような路線は日本中にたくさんあります。 こう考えると,一人一人が,こうした事に気付き,自らの「移動」(モビリティ)を少しずつでも見直していくということは,社会にとってとても大切なことなのです。モビリティ・マネジメントは,そうした一人一人の「気づき」を促し,一人一人が少しずつでも行動を変えるという「小さな実践」を促し,それらを通じて,地域全体の交通を善くしていこうとする取り組みなのです。

出典
※1:平均旅行速度:35.3km/h「国土交通省:平成17年度道路交通センサス」より
※2:チームマイナス6%「めざせ!1人、1日、1kgCO2削減」より

  • サイトマップ
  • リンク
  • 交通エコロジー・モビリティ財団の活動